社長挨拶

ご挨拶

 

弊社は2021416日で創立75周年を迎えました。

1946年、戦後の焼け野原の中、変圧器の修理から始まり、技術を確立し、人を育て、地道に製品を世に送り出し、日本の経済成長を陰ながら支えてきました。そして、これからは自分達の製品を責任を持って届けていくことが私達の使命と考えています。

75年の間には、様々な環境の変化がありました。景気の波、IT革命、構造変化、大災害、そして新型コロナ、そうした変化を乗り越えることができたのは変わらぬ理念があったからです。「技術は人であり、社会は人である」という言葉が、75年間私たちに挑戦する勇気を与えてくれました。

現在では、扱う製品範囲において比類無い競争力を有し、アジアナンバーワンを目指します。特に顧客の複雑なニーズに応えることができる技術が当社の強みであり、社会インフラの一助となっていると自負しています。自分たちの仕事が社会の基盤を支えていること、努力をすればするほど高い技術レベルに到達できること、信頼できる仲間達と質の高い仕事を続けていること、そうしたことが弊社社員の誇りであり喜びです。

これからも、社会は変化し、技術革新が起こり、時代時代の新しい産業が台頭していきますが、弊社のサービスは電気のインフラを支えている点でなくなることはありません。これからは自分たちが品質保証をする範囲を広げ、自社製品を世に送り出し、産業構造の変化に対応していきます。そしてこれからも海と山に囲まれた豊かな自然環境のもと、この街でものづくりを続けていきます。それが茨城電機工業株式会社の幸せです。

代表取締役社長 磯﨑 寛也